ヒアルロン酸って?の最近のブログ記事

ヒアルロン酸をはじめとする様々な美容成分は、薬事法の化粧品基準や食品衛生法を基準に厳しく管理されています。

それゆえ、日本国内でサプリメントや化粧品などのアイテムに使用されるヒアルロン酸は、安全性に不安がないと解釈することができます。何がどのように安全であるかを確認したいのであれば、製造方法や抽出元の原料に関しての細部をリサーチしましょう。
説明書や商品パッケージの他にも、メーカーが持つホームページを閲覧すると、より理解を深めることができます。


天然ヒアルロン酸の場合も同様に、製法やどのような生物から抽出されたのかデータが掲載されています。


人工ヒアルロン酸の場合にも、生成に使われた微生物や製法などの詳しいデータが記載されています。
バイオ製法では、遺伝子組み換えの問題が注目されたこともあるので、気掛かりな人は少なくないでしょう。ただ、バイオ技術と同様に微生物の培養技術も常に進化し続けているので、店舗などで販売されている商品については心配せずに使ってください。
美容整形や医療現場で積極的に活用されているヒアルロン酸ですが、アレルギー反応や拒絶反応が起こるのは稀と言えるでしょう。


しかしながら、ヒアルロン酸単独の副作用はなくても、他の飲食物や化粧品などの関わり合いでなんらかの異常が見られることもあります。
サプリメントや化粧品などを選ぶ際に不安がある場合には、医師や薬剤師の見解を尋ねましょう。

さらにネットショップには、日本の基準外となるような海外の商品が売られていることも珍しくありません。日本語の説明もなく、ヒアルロン酸の種類や配合率がわかりづらいこともあるので、気をつけてください。

ヒアルロン酸を補給するには、体内から摂り込むことが一番効果的といわれています。そこで、飲んだり食べたりして補給可能なヒアルロン酸というのを取り上げていきます。
サプリメントの場合、ヒアルロン酸のみというよりはいくつかの栄養成分を含有している種類がおすすめです。


具体的に挙げると、コラーゲンやセラミド、グルコサミンやコンドロイチンなどが入っているサプリメントなら、それぞれが一緒に作用するはずです。
それと、体調管理の基礎となるベースサプリメントを一緒に飲むのもよいでしょう。
美容専門のドリンクは安くはないのですが優れた吸収性と即効性を持っていて、素早い効果が期待できます。


最近特に人気が高いのは、いくつかの美容成分を偏りなく入れて作られた商品です。
ヒアルロン酸を除いた成分を見ると、ビタミンCやコラーゲン、ポリフェノール、それとアスタキサンチンなどが一般的です。なかでもアスタキサンチンは、ヒアルロン酸と一緒に体の中の活性酸素に働きかけてアンチエイジング効果を持つ成分として人気です。
楽しく食べて摂取するヒアルロン酸でお勧めは、ヒアルロン酸やコラーゲン、そして食物繊維などが入っているスイーツです。


焼き菓子であるクッキーやゼリーなど、数多くのお菓子類があるので、まずは取り入れてみるのがおすすめです。


美容に特化したものと思えないような、魅力的なパッケージの商品もたくさんあり、毎日のおやつにも向いています。

また、飲食で摂取するのですから安全には十分気をつけて、日本で未認可のサプリメントなどを気安く服用しないようにしましょう。
体質的にアレルギーの懸念がある場合には、かかりつけの医師や薬剤師に話を通すと安心して摂取できるでしょう。

「ヒアルロン酸」は美容だけではなく、人体に備わっている個々の部位や器官が、問題なく動き続けるために必要なものです。


ひざの関節であれば、ひざを円滑に動かすためには関節周辺の軟骨の弾力や滑液が粘ってクッション機能を発揮しなければいけません。そうは言っても、加齢や病気が原因で軟骨が摩耗してしまい、滑液の粘りが減ってしまい、痛みが出てきたりきしみを感じたりします。
それを日本では、関節痛の治療として20年前から高分子ヒアルロン酸の局所注射を施してきました。


ヒアルロン酸注射が効くことで、軟骨が摩耗しなくなり、骨液の粘りも回復することが明らかになっています。ヒアルロン酸は体内のすべての部位にありますが、中でも皮膚や目、血管、骨、軟骨、関節、腱、脳、心臓などに多いそうです。


ヒアルロン酸が多く存在する場所と言うのは、その部分を正しく動かすためにはヒアルロン酸をたくさん必要としていると思われます。


例えば、多くの人が悩まされる腰痛、肩こりのほかにも、動脈硬化や脳の老化などの症状にも、ヒアルロン酸の補給効果が存在すると言われています。
その他、がんを予防したり痛みの強いリウマチの緩和にも摂取をすすめられるのがヒアルロン酸なのです。


こういったヒアルロン酸の医療に関する効果については、「細胞外マトリックス」にまつわる裏づけが挙げられます。


細胞外マトリックスとは骨組みがしなやかで、私たちの形成する60兆個程の細胞はその囲いの中にあるとされています。

細胞外マトリックスは、細胞どうしの連絡や細胞内部に栄養素が出入りするのを全て管理する役割をしています。


その上、この重要な役割を担う物質がムコ多糖であり、ヒアルロン酸はその物質の中でも中心を占めているのです。

ヒアルロン酸注入法

| コメント(0) | トラックバック(0)

美容整形の業界では、「ヒアルロン酸注入法」なる施術方法に目を向ける人が増加しています。
頬や額に薬剤を注射して顔にできたシワやタルミなどを除去するだけでなく、鼻を高くしたりバストを豊かにするのも問題ありません。

美容整形として考えると、ヒアルロン酸の分子サイズが大きく体内で吸収することが難しい特質がメリットでもあるのです。なぜならば、対象になる部分に注入されたヒアルロン酸により作り出されるふくらみが、長い年月にわたって維持される方が好ましいからです。
ヒアルロン酸注入法については、よく「プチ整形」と言われているものです。
肌に傷が残る心配もなく、使う麻酔はクリーム麻酔で済ませることがほとんどなので、危険性はあまりありません。


10~20分と短い施術時間で終了し、大体の場合は通院しなくても良いようです。

ヒアルロン酸注入で支払う料金は、注入したい部位やヒアルロン酸の量や種類で違います。
料金の一例を挙げると、1本につき5万円~10万円や、0.5ミリリットル1万円という具合に決められています。


目元のたるみが10~20万円、口元のしわが3~10万円、豊胸は70~120万円、頬は8~15万円というような一例も参考になります。


ヒアルロン酸注入での美容整形については、施術後もずっと効果をキープするのは不可能です。
残存期間の長いヒアルロン酸も開発されていますが、ヒアルロン酸は注入すると数ヶ月から1年くらいで吸収と消耗が進みます。


そのため、美しい状態を維持するには、一定期間ごとにヒアルロン酸注入を続けることが大切です。


最近は、残存期間のより長いヒアルロン酸の開発も行われています。


美容整形に臨むのであれば、不明点や心配なことがあれば施術前のカウンセリングを受けて解決することが望ましいでしょう。

元々の分子サイズが大きいの特徴のヒアルロン酸は、手を着けていない状態では肌から細部にまで浸透させるのは難しいでしょう。


ですから長い期間、化粧品をつけることでヒアルロン酸を取り込むことは望めないとされていました。


それが今では研究が進んだことで、分子サイズの小さい「低分子ヒアルロン酸」ができました。
ヒアルロン酸を用いた化粧品を選ぶときには、記載された成分を確認して、分子サイズとどの程度配合されているかを確かめなければいけません。

商品のパッケージだけを見るのではなくアイテムを販売している会社のホームページを確認すると、細かい情報も得ることができるでしょう。
実店舗で試供品を実際に使うときは、ヒアルロン酸特有の粘りに着目して確かめるのがポイントです。


ヒアルロン酸以外の混合物によってゼリー状にしている種類もありますので、しっかり確認するようにしましょう。ヒアルロン酸をかなりたくさん含んでいる商品もあり、ヒアルロン酸100%原液といった商品もあります。


化粧品に配合される低分子ヒアルロン酸の分子サイズは、6000~8000ダルトン(20~25ナノ)という数字+単位であらわされます。100万分の1ミリメートルが1ナノメートル、ダルトンは分子をあらわす単位として扱われています。


さらに、肌の表面に存在するヒアルロン酸は毎日50%程度が消耗していき、2~3日かけて全てが入れ替えることが知られています。


ですから、ヒアルロン酸が含まれるアイテムを使うときはまとめてではなく、少しずつでも毎日きちんと継続することが大切です。


それと、ヒアルロン酸が表皮に残るようにして水分を蓄積させるには、コラーゲンやビタミンCの力が必要です。コラーゲンやビタミンC誘導体についてもヒアルロン酸が豊富に含まれる化粧品なら、相互に効果を高め合えることでしょう。

保水効果

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒアルロン酸というものは、高い保水効果があることで有名になりました。そして最近の美容分野では、ヒアルロン酸の色々な優れた働きが高い評価を得ています。


健康で美しい肌は、ヒアルロン酸が必ず含まれていると言っても構いません。高い保水能力を誇るヒアルロン酸には、細胞の働きを促す効果もあります。そのため、しつこいくすみが見られる肌からメラニン色素や溜まっている角質を除去する作用があります。

肌をきれいにするヒアルロン酸には、栄養を肌の細部にまで流し込む能力があります。
そういうことで、血流が停滞していて赤みのない肌にもしっかり作用して、健康的な赤みのある頬に変化させてくれます。そして、吹き出物やニキビ跡のための治療にもヒアルロン酸の力を活かすなど、皮膚科の治療においても利用されています。


さらに、美容整形としてはヒアルロン酸注入と呼ばれる手術が普及しています。
人工ヒアルロン酸も自然のものから作られたヒアルロン酸も、体の拒絶反応やアレルギー反応が少ないという実績がある成分です。


ということは、ヒアルロン酸は、身体の中からも外からも、支障なく取り込むことができます。
ヒアルロン酸をきちんと摂るには、化粧品によって肌から取り込むのと、美容ドリンクやサプリメントを使って体内から取り入れることを同時に実践するといいでしょう。
美肌効果が期待できるビタミンB群・C・Eやミネラル、アミノ酸なども、同時にヒアルロン酸を摂取することで効率よく作用するようになります。

美容に欠かせない成分の働きを高めることで、活性酸素の働きが弱まり、老化につながる細胞の酸化を防止することも可能です。


ヒアルロン酸効果で肌にハリが出て潤いも戻ってくれば、加齢によるシワやたるみも改善されます。

コラーゲンやヒアルロン酸に関しては、アンチエイジング効果や美肌効果があるとして取り上げられる時はいつも一緒です。

そのせいもあって、同じ物質の種類の名前だと思い違いをしている人もいることでしょう。


それを正すために、ヒアルロン酸とコラーゲンについて、再び思い返してみましょう。

ヒアルロン酸といえばアミノ酸で有名なムコ多糖の中の一つです。
コラーゲンという物質は毛髪や皮膚、骨や腱(けん)などを構成するタンパク質のひとつです。
ヒアルロン酸はムコ多糖類なのでそれだけでは身体の内側に存在することができず、タンパク質の一つであるコラーゲンは保水力がありません。ですから、ムコ多糖とタンパク質はつながって細胞と細胞の間に存在しています。

ヒアルロン酸の特別な性質といえば、多量の水分を保持することができる点です。


人体の構成成分の約60~70%が水分ですが、血液以外のほとんどはヒアルロン酸などのムコ多糖に依存されています。続いて、コラーゲンが持つ機能は皮膚に注目して把握するのが一番です。
真皮という皮膚の表面下にある層は、水分を除いて残った分の7割程度がコラーゲンで構成されています。

コラーゲンとは弾力の強い繊維のような物質で細胞と細胞が離れないようにしています。
その上、繊維の形状をしたコラーゲンの間にもヒアルロン酸が侵入し、水分をキープしているのです。


必要なヒアルロン酸を食事だけで取り入れるのは大変ですが、コラーゲンの方は鶏肉であれば手羽先、さらに牛すじやシラスなどにたくさん入っています。
その他に、高級食材として知られるツバメの巣やフカヒレもコラーゲンを豊富に含む食べ物として知られています。加齢の影響で少なくなるコラーゲンやヒアルロン酸を補っていくのが、老化を防ぐためにはとても大切なことです。

ヒアルロン酸の特性

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒアルロン酸というのは、わずか1グラムの量でも、量にして6リットルもの水分をキープできるという豊かな保水力を誇っています。その保水力によって、ヒアルロン酸が肌のピンと張った状態や潤っている状態を保っていることは広く認知されています。


その他にヒアルロン酸について分かっている特性を理解していきましょう。


まず初めに、栄養素を身体の隅々に運び補うということが挙げられます。
ヒアルロン酸は私たちの体を形成している細胞同士をつないで、血液と一緒に運ばれている栄養素を体の細かい部分まで行き渡らせます。さらに、老廃物を含むことで身体の外へと押し出す作用もあります。

また、関節の動きをなめらかにするという役目を果たしています。
ヒアルロン酸の多くは関節液や関節軟骨に含まれ、ショックを和らげ動きをなめらかにすることで関節が正常に動くようにしていきます。
ヒアルロン酸が十分に行きわたっていないと、関節の働きは不十分となり、なめらかに動かない状態になります。

次に挙げるのが、眼球と関係が深い作用です。
眼球の中の硝子体にもたくさん含まれるヒアルロン酸は、丸みを帯びた眼球を保つことと外部からのショックを防ぐ働きがあります。そして、硝子体の透明性を保つためにもなくてはならないのがヒアルロン酸です。そして感染から身体を守ったり傷を早く治るようにしたりと、ヒアルロン酸は体を保護して生きていくための必要不可欠な成分です。


見てきたように様々な効果が期待できるヒアルロン酸ですが、年齢を重ねるにつれて量は減り、身体の機能低下や外見の老化に影響を及ぼしています。

ゆえに、必要な量までヒアルロン酸を補うための栄養ドリンク、そしてサプリメントが活用されています。

体内での吸収・浸透が困難な性質を持つヒアルロン酸を、吸収力が高い物質にするための開発や研究は、留まることなく進められているのです。

ヒアルロン酸の種類

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒアルロン酸の種類は、人工のものと天然のものという2つの種類に区別されます。それ以外にも、天然のものなら使っている原料や、含有量のパーセンテージで区別をします。
日本の健康食品に使用される天然ヒアルロン酸のほとんどは、「鶏冠抽出物」という、いわゆる鶏のトサカから取り出して濃縮した成分です。


約50%がコラーゲンでできている鶏冠抽出物は、タンパク質と結びつくことで構成された「ムコ多糖タンパク」です。
人工のものについては、海外製か国内で作られたものかで、どのくらいの大きさの分子か、どのくらいの純度なのか、どのようにして作るかなどで色々な種類に分かれます。
トサカに含まれる天然ヒアルロン酸の含有率を平均すると、およそ5~7%であるとのことです。


天然タイプのヒアルロン酸を豊富に含む食材としては、鶏の手羽や魚類の目玉、フカヒレなどが広く認知されています。


いずれも日常の食事ではあまり食べない食材ですね。


さらに、天然ヒアルロン酸は40℃程度の加熱調理で壊れてしまうため、食事から摂るのは無理でしょう。
人工のヒアルロン酸は、ほとんどが乳酸菌や微生物のストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)の作用を利用したバイオ製法によって生み出されます。
ヒアルロン酸については分子の大きさがあるため、手を加えなければ肌からの吸収・浸透は非常に困難です。


したがって化粧品に使うためのヒアルロン酸は、分子を細かくするのが課題と言えるでしょう。
なお美容整形では、体内への浸透性が低いことを生かして、注入することでヒアルロン酸の効果を得ています。サプリメントや健康食品によってヒアルロン酸を取り込むにあたっては、製法や含有量とともに安全性についても確認しましょう。


スキンケアで使う場合は、分子サイズやヒアルロン酸の含有量の割合を見て、より浸透しやすい商品を選ぶとよいでしょう。

ヒアルロン酸とは

| コメント(0) | トラックバック(0)

美への興味が強い人の中では肌の衰えを抑制することができる、ヒアルロン酸に関してしっかりと理解しましょう。

若さと美しさのもとであるヒアルロン酸は、米国コロンビア大学主導の研究によって1934年に解明されました。


多糖体の国際命名法を基準として1986年につけられた名前は「Hyaluronan(ヒアルロナン)」と記録されています。
ヒアルロン酸の働きで、細胞間の組織、それに加えて繊維組織と細胞の間に含まれて水分を補充します。ヒアルロン酸の働きでキープできる水分は非常に多く、ヒアルロン酸1:水分6000という割合で保持することができるとされています。
保水能力が高いヒアルロン酸は、細胞の結合を促して細胞が傷つかないようにする働きがあります。

ヒアルロン酸は、人の体内に常に含まれている、アミノ酸の1種類なのです。関節にも影響を与え動きをスムーズにする効果を発揮します。


さらに、血液中にある栄養分を様々な細胞に行き渡らせます。
このようにして、体中でヒアルロン酸が重要な働きをしていますが、体内に保持していても加齢によって減っていきます。


身体の中に最も多く持っているのは胎児として過ごしている時です。
出産後に減少の一途を辿り、20歳を迎える頃には赤ちゃんの頃の約30%に、そして50歳頃には約1割になってしまいます。

徐々に減っていくヒアルロン酸は補給できるとよいのですが、それは非常に困難を伴います。
ヒアルロン酸の分子サイズは大きめなので、皮膚の上から吸収させるのはとても難しいと言えるでしょう。
それに、よくある食材で含んでいるものがないため、体内からの摂取も難しいでしょう。
そこで、体内で作りだす量を増やすための研究や、より小さな分子での生成方法の開発などが継続しているのです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヒアルロン酸って?カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバストアップです。

次のカテゴリは姿勢を直すことでキレイにです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12