肩コリとストレッチング

| コメント(0) | トラックバック(0)

悪い姿勢のまま本を読んでいると、首や肩がこってきます。血行不良を改善しないでいると、痛みが生じ、慢性的なコリへと移行してしまいます。デスクワークでは、肩を上げ気味で作業したり、画面を見るために顔を前に出していたりして姿勢が崩れがちです。

これらが癖になっていると、悪い姿勢や慢性的なコリを直すのは難しくなってくるかもしれません。ですが、些細なことを意識しているだけで、悪い姿勢を直していくことができるのです。楽に感じる座り方になるように、深く腰掛けて、両足が床にしっかりと着く高さに椅子を合わせていきましょう。

さらに、背筋がきちんと伸びているより良い姿勢に変わるために腰のところにクッションやバスタオルなどを挟みます。腰と背もたれの間に自分が楽なようにクッションなどを挟むと、美しい姿勢をキープできます。毎日座ることになる椅子で姿勢を正しく保つなら、姿勢は直っていくものです。最初は大変ですが、徐々に慣れていきます。

また、毎日のデスクワークの中で姿勢の悪さが気になってきたら、ストレッチを行なって肩甲骨の凝っている筋肉をほぐすようにしましょう。
肩甲骨のストレッチと共に頭の位置をまっすぐにするよう意識することも、悪くなった姿勢を直すのに効果的です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2014年6月11日 18:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「猫背」です。

次のブログ記事は「姿勢を正しましょう。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12