猫背

| コメント(0) | トラックバック(0)

悪い姿勢の代表として猫背が挙げられるでしょう。円背とも呼ばれる猫背は、体が前かがみになり背中が丸くなっている状態を示します。

顔が突き出たように感じるのが猫背なので、覇気がないと感じられてしまうかもしれません。対人関係においても悪い姿勢には良いことは何もないので、できるだけ早く直しましょう。背中が丸くカーブしている姿勢を指して猫背と呼んでいますが、3つの種類に分けられています。7番目の胸椎付近が頂点である猫背を真ん中猫背といいます。特に他意はありませんが、最も猫背らしいと言えます。

しかしこの姿勢が癖になると、背中を床につけて仰向けにはなれません。
頂点が肩に近い猫背を肩口猫背と言いますが、しびれなどの障害が現れやすい猫背です。足を組むことが多い人は、胸椎の10番目から腰に向かう曲がり方が本来とは反対を向いている腰猫背になってしまうかもしれません。正しくない姿勢で長時間過ごすと、姿勢を直す決意を抱いていても、なかなかうまくいかないものです。

猫背は肺にも大きく影響するので、正しい姿勢を保ちながら深呼吸を繰り返してみましょう。姿勢の悪さに気が付いたら、可能な限り早く、正しい姿勢に直すように意識しましょう。猫背の姿勢を直すための猫背矯正サポーターや背筋ベルトと呼ばれる道具もあるので、利用してみるのもいいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2014年6月 3日 18:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悪い姿勢はクセになってる?」です。

次のブログ記事は「肩コリとストレッチング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12