2014年5月アーカイブ

悪い姿勢というものは、いつもの習慣になっていることで気づいたときには当たり前になっていたというケースがよくあるそうです。悪い姿勢にしたくなくても、悪い姿勢につながりやすい癖を放置していると、足を組むクセがある人も多いと思いますが、正しい姿勢には全くつながりません。

座るときに足を組んでいると、気づかないうちに猫背になっているでしょう。右足を組むことが多ければ、骨盤の右側が上がることになり、背骨が右に曲がります。

足の組み方が常に同じであれば骨がずれてしまうことにつながるため、姿勢のことを考えるならば直しておきたいものです。意識していないうちにしてしまうこととして、同じ側の腕で荷物をもつ、何かを書く際に上体が片寄っているなどがあります。このような習慣も、正しい姿勢には全くつながりませんので、直さなければなりません。

また意外なところでは、腕組みも姿勢に大いに関係しています。何も考えずに腕組みすると、猫背になるケースが多いのです。お腹を引っ込める正しい姿勢を意識しながら腕組みをしていくことで、猫背になってしまうことは避けられます。

横座りをすることが多いようであれば、側湾の誘因になるため、習慣になっているならばすぐに直しましょう。側湾をすぐに直していかないと、体に同じ側へ曲がるクセがついてしまい、反対側に横座りすることが難しくなります。何気ない行動でも姿勢を悪くしてしまうクセがあるので、直すためにできることをしていきましょう。

背筋トレーニング

| コメント(0) | トラックバック(0)

背筋がまっすぐであごを引いた正しい姿勢では、背骨は軽くカーブしており、ゆがみもなく立っている骨盤も特徴となっています。それとは正反対の状態である悪い姿勢になると、骨盤が後ろに向けて倒れている状態で、背中が大きくカーブしてしまっている状態です。姿勢の悪い状態でいると、筋肉の固定化が進むため、くせとして記憶されることになります。

したがって、筋肉が必ず悪い姿勢になるように動いてしまうのです。これらの現象が見られているなら、悪い姿勢を直さない限り筋肉がいつも緊張しているため、頭痛や肩こりが発症するかもしれません。こういった症状に陥らないように、運動を取り入れることで姿勢を直していきたいものです。

やさしい体操からはじめるとよく、一度にたくさん行うことよりも毎日継続して行うことが大切です。簡易に始められる姿勢を直す体操としては、壁があればどこででも可能な運動があります。30センチほど壁から離れて、両手を壁につきます。

腰を反らせる際にお腹を壁に押し付け、顔を横に向けて20秒静止するという動作を10回ほど繰り返します。ゆっくり息を吐きつつ腰を反らし、お腹を壁に押し当てている間は、呼吸を3回程度します。

一人で進められないと思ったときは、腰に手を添えつつ静かに押してもらうようにお願いしましょう。簡単だと思えるようになったら、壁との距離を50cmにします。
このトレーニングによって、徐々に姿勢を正しいものへ直すことが可能です。

姿勢の改善について

| コメント(0) | トラックバック(0)

座っているとつい猫背になってしまう、座り方がおかしいなど、日常の生活で姿勢が悪いままだと身体はゆがみます。また、悪い姿勢でいると健康的に見えなくなってしまったり、暗い印象を与えてしまうこともあります。

ですから、姿勢の悪さは身体にとって何の助けにもなりません。姿勢の悪さが身についてしまうと、骨が健やかに発育しなくなるというトラブルにもつながってしまいます。
悪い姿勢を直さないでいると、骨がしっかり成長できないだけでなく、身長も実際よりも小さく見えてしまうこともあります。

筋力強化によって悪い姿勢を直していくだけで、背が高い印象を与えることができます。しかしながら、文字通り身長が変化したわけではなく、正しい身長の高さになったという状態です。

猫背の姿勢でいると、いつも背骨が歪んだままの状態になっています。そのため、まっすぐな姿勢へと直すだけであったとしても、背筋が伸びることにより身長が高くなったように感じるのです。

他にも、悪い姿勢の影響によりねじれている背骨を適切な位置へと直すことによって、本来あるべき身長の高さに戻すことが可能です。

そうはいっても、正しい姿勢に直すことはすぐに目に見える成果を得られるわけではありません。トレーニングのみで姿勢の改善をしようとしても、なかなか効果が表れないこともあるでしょう。整体専門の治療院を訪れて悪い姿勢の原因となる身体の歪みを整えてもらいましょう。

O脚やX脚の足の歪みと言われており悪い姿勢の原因となってしまうので、できれば同時に調整してもらいましょう。

悪い姿勢を続けていると、脊柱のズレが深刻になり、体内のバランスに異変が起きてしまいます。初めのうちは微々たるずれであっても、放ったままにしてしまうとバランスが崩れてしまい、さらにゆがんでいくという悪循環から抜け出せなくなるでしょう。

姿勢の悪さを気にしているのなら、できるだけ急いで直すことを検討していきましょう。
ですが、正しい姿勢をイメージして自分で直してみようと思っても、姿勢の悪さがはっきり分かっていないと、うまくいかないことのほうが多いでしょう。

それならば、整体に行ってみても良いでしょう。整体は姿勢を直すことを目的としていますが、整体師から施術してもらいます。
整体と言われると、骨がバキボキ鳴る印象を抱いている人も多いと思いますが、叫んでしまうような痛さは感じないと言われています。整体を専門にしている治療院では、まずは姿勢の状態が確認され、骨盤の歪みがないかなどを調べます。

こういったことを調べてから、それぞれの状態に一番合うような姿勢を直していきます。筋肉をほぐしていき、骨盤のゆがみを元に戻していくことで、悪いバランスを直していき、悪い姿勢から解放されることができます。整体のおかげで姿勢の悪さが直されると、悪い姿勢によって生じていた腰痛や肩こり、頭痛も改善されていきます。
悪い姿勢が直ると、見た目がよくなるだけではなく、なかなか表現しにくい体の不快な感覚がなくなるため、体には良い影響があることでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12