2012年9月アーカイブ

年間を通じて美肌が続くためには、肌のお手入れ法をその季節に適したものにしましょう。春に肌の調子を保つのは苦労することもあります。

国民病とまで言われるスギ花粉アレルギーへの対処も行わなければいけません。

春は肌がカサつくので、徹底的に保湿しなければいけないのです。

花粉症による肌荒れに悩まされる小鼻あたりや目元もぬかりなくしっかりとお手入れをしていきましょう。

紫外線を防ぐための対策も欠かさずに行いましょう。

夏については、紫外線から肌を保護する工夫と皮脂のバランスを整える対策をしてください。クーラーの冷風と外の熱風にさらされるので、それに対応するのがとても大変です。

汗から解放されたくて、顔を洗うことが増えてしまうおそれがあります。

好ましくないことに頻繁に顔を洗うと、肌は潤い不足となり、皮脂を抑えるどころか増やすことになります。

夏こそ乾燥対策が大切だということを忘れてはいけません。秋は、肌に一番良いシーズンと言えるでしょう。

潤い補給や乾燥防止のケアは行わなくても大丈夫です。

秋になったら、夏に大きなダメージを受けた肌を以前のような健康な状態にする作業をしていきましょう。

しつこい吹き出物やニキビを治すには、秋は申し分のない季節でしょう。

気温が低くなる冬は、きちんと肌への対策をすることが大切となる季節だということを頭に入れておきましょう。どこにいたとしてもお肌の水分不足に注意を払わなければいけません。

自宅に加湿器を設置していたとしても乾燥を防ぐことはできないので、肌がしっとりするスキンケアが良いでしょう。それと、雪が積もる地域では紫外線への対策もしっかり行うことが大切です。

こうやってみると、季節を考慮せずにスキンケアを行っていては、美肌を実現するのは無理だと分かるでしょう。美しい肌を守るためには、季節の影響を受ける肌をよく見ながら、最適なお手入れ方法をピックアップしていきましょう。

美肌コスメ

| コメント(0) | トラックバック(0)

美肌を目指すためのコスメ商品は、どうしても高額なものばかりです。

しかし、金額が安いために売れ筋となっているケアコスメはあります。

ラッキーなことに美肌ケア商品を見つけたとしても、自分の肌と合わない場合もあります。もしそうなら、自分専用コスメを作ってみませんか。

手作りスキンケアの良い部分は、値段が安くすむことと、香織や材料などは自分の好きなものを選べるところです。

また、オーガニック化粧品にすることもできるので、防腐剤などの成分を心配する必要がありません。

短所を挙げるとすれば、防腐剤を混ぜていないため保存に気をつけないと腐ります。保存期間に注意をすることが必要です。

手作り美肌コスメは、パックをはじめとし、化粧水、洗顔なども作成できます。


毛穴をきれいにするタイプや、ニキビケア効果のあるものなど、それぞれの肌トラブルに対応したコスメを自分で作成できるのです。

例えば人気の毛穴引き締め用のパックでは、材料にレモン、ミント、卵白、きゅうり、ブランデーを使います。

吹き出物やにきびが気になる時に作りたいパックは、ミルクとナツメグで作ります。にきびケア用は種類が多く、ヨーグルトやりんごやトマトを使ったレシピがあります。

美肌コスメの材料には、イチゴやバナナやアボカドなどを使うものもあります。

フルーツを材料とすることが多いので、アレルギーがある人は注意して毛消費wの作りましょう。


ちょっとずつ試してみて、自分に合った美肌コスメを見つけるのも楽しいことでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12