ヒアルロン酸の効果は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

「ヒアルロン酸」は美容だけではなく、人体に備わっている個々の部位や器官が、問題なく動き続けるために必要なものです。


ひざの関節であれば、ひざを円滑に動かすためには関節周辺の軟骨の弾力や滑液が粘ってクッション機能を発揮しなければいけません。そうは言っても、加齢や病気が原因で軟骨が摩耗してしまい、滑液の粘りが減ってしまい、痛みが出てきたりきしみを感じたりします。
それを日本では、関節痛の治療として20年前から高分子ヒアルロン酸の局所注射を施してきました。


ヒアルロン酸注射が効くことで、軟骨が摩耗しなくなり、骨液の粘りも回復することが明らかになっています。ヒアルロン酸は体内のすべての部位にありますが、中でも皮膚や目、血管、骨、軟骨、関節、腱、脳、心臓などに多いそうです。


ヒアルロン酸が多く存在する場所と言うのは、その部分を正しく動かすためにはヒアルロン酸をたくさん必要としていると思われます。


例えば、多くの人が悩まされる腰痛、肩こりのほかにも、動脈硬化や脳の老化などの症状にも、ヒアルロン酸の補給効果が存在すると言われています。
その他、がんを予防したり痛みの強いリウマチの緩和にも摂取をすすめられるのがヒアルロン酸なのです。


こういったヒアルロン酸の医療に関する効果については、「細胞外マトリックス」にまつわる裏づけが挙げられます。


細胞外マトリックスとは骨組みがしなやかで、私たちの形成する60兆個程の細胞はその囲いの中にあるとされています。

細胞外マトリックスは、細胞どうしの連絡や細胞内部に栄養素が出入りするのを全て管理する役割をしています。


その上、この重要な役割を担う物質がムコ多糖であり、ヒアルロン酸はその物質の中でも中心を占めているのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2012年5月 3日 02:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お手入れ方法」です。

次のブログ記事は「ヒアルロン酸の補給方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12