たるみの原因は・

| コメント(0) | トラックバック(0)

加齢に伴って気になる目元のたるみですが、なぜたるみが表れてしまうのでしょうか。


ハリのないたるんだ目元は、それなりの年齢になったからだと思っている方が多いようなのですが、原因はこのことに限らないのです。


目元まわりがたるむ一番の要因は、衰えてしまった表情筋や乾燥です。目元は実のところ、1分で大体30回程度のまばたきをする箇所なのです。
顔の中でも特に筋肉を使っているのが目元部分ですから、いつもお肌のケアと筋肉を鍛えておかないと、たるんだ状態になってきてしまうという仕組みです。


反対にまばたきをせずに目元部分の筋肉を動かさないことによっても、筋肉は弱くなっていきますので、そのせいでたるみがあらわれるのです。

また、目の疾患のドライアイを、聞いたことがあるでしょうか。

ドライアイの症状とは、パソコンやテレビを長い時間注視していることによって目が乾いてしまうのです。

眼球に乾燥が見られると、まばたきを行う回数が落ちていってしまいます。
まばたきをする回数がドライアイのせいで正常時より減ってしまうと、目元にあらわれるたるみの元になってしまうと言われています。

また、女性に関しては日々施すメイクが元になっていると言われています。


とりわけ、油分が多く含まれている化粧品を日常的に使っていると、目元部分のたるみの一因になってしまうようです。


油分の割合が高いものというのは「イソパラフィン」という成分が使用されていることが少なくありませんが、これは皮膚にとってあまり良いものではありません。

この成分は重い化合物のため、ハリのないたるんだ目元の原因となっています。目元にたるみがあると、実年齢よりも10歳前後老けた印象を与えてしまうようです。
こうしたトラブルに遭わないように、毎日行なう目元のケアが若々しい目元でいるためには欠かせません。


目元にたるみが見られる場合は、いかにしてあらわれるのかを探ったあとで、解消するための適切な対処法を行ないましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/8

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2012年4月 9日 00:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コラーゲンとヒアルロン酸」です。

次のブログ記事は「保水効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12