コラーゲンとヒアルロン酸

| コメント(0) | トラックバック(0)

コラーゲンやヒアルロン酸に関しては、アンチエイジング効果や美肌効果があるとして取り上げられる時はいつも一緒です。

そのせいもあって、同じ物質の種類の名前だと思い違いをしている人もいることでしょう。


それを正すために、ヒアルロン酸とコラーゲンについて、再び思い返してみましょう。

ヒアルロン酸といえばアミノ酸で有名なムコ多糖の中の一つです。
コラーゲンという物質は毛髪や皮膚、骨や腱(けん)などを構成するタンパク質のひとつです。
ヒアルロン酸はムコ多糖類なのでそれだけでは身体の内側に存在することができず、タンパク質の一つであるコラーゲンは保水力がありません。ですから、ムコ多糖とタンパク質はつながって細胞と細胞の間に存在しています。

ヒアルロン酸の特別な性質といえば、多量の水分を保持することができる点です。


人体の構成成分の約60~70%が水分ですが、血液以外のほとんどはヒアルロン酸などのムコ多糖に依存されています。続いて、コラーゲンが持つ機能は皮膚に注目して把握するのが一番です。
真皮という皮膚の表面下にある層は、水分を除いて残った分の7割程度がコラーゲンで構成されています。

コラーゲンとは弾力の強い繊維のような物質で細胞と細胞が離れないようにしています。
その上、繊維の形状をしたコラーゲンの間にもヒアルロン酸が侵入し、水分をキープしているのです。


必要なヒアルロン酸を食事だけで取り入れるのは大変ですが、コラーゲンの方は鶏肉であれば手羽先、さらに牛すじやシラスなどにたくさん入っています。
その他に、高級食材として知られるツバメの巣やフカヒレもコラーゲンを豊富に含む食べ物として知られています。加齢の影響で少なくなるコラーゲンやヒアルロン酸を補っていくのが、老化を防ぐためにはとても大切なことです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2012年4月 5日 15:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目元と美容機器」です。

次のブログ記事は「たるみの原因は・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12