2012年4月アーカイブ

お手入れ方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

たるみのある目元に、有効なお手入れ方法やエクササイズが、好評を得ています。
目元部分のたるみは、中から防いでいくこともできるのだそうです。

まずは、日常生活を見直してみるようにしましょう。

他の部位と同様のことが目元には考えられますので、生活を整えることでたるみの表面化を食い止めることができます。

特に留意しなければいけないことは、質の良い眠りに就くということです。

良質な睡眠は、体の健康維持のためだけでなく、美肌のためにも非常に良いのです。
1日の中でも、22時からの4時間は、お肌のゴールデンタイムとして知られています。その間の時間は、できることなら睡眠を取っている状態にしておきたいものです。


それから、これ以外に知っておきたいのは、栄養を均整に摂取できるように気をつけるということです。

理想的な栄養バランスを考えた食事を摂れている方というのは、少ないでしょう。
日頃の食事だけで効率よく栄養摂取を行なえれば良いのですが、さすがに難しい部分がありますので、サプリメントも良いでしょう。

サプリメントの中でもお肌に欠かせないのは、各種ビタミン(A・C・E)です。いつも思いに留めながら、取り入れると良いでしょう。


結論として、目元にあらわれるたるみを中から防いでいくには、毎日の過ごしかたを改善していくことが必要不可欠なのです。睡眠を良質なものにして、食事でバランスよく食べることを習慣づけるこによって、肌も元気になることが出来ます。


目元のたるみが心配なのであれば、生活サイクルを良質なものに変えていくことを考えるのが先決です。


アイクリームや美容液などを駆使した外側からのお手入れも軽視してはいけませんが、内側からのケアを実践することも必要不可欠なのです。

ヒアルロン酸注入法

| コメント(0) | トラックバック(0)

美容整形の業界では、「ヒアルロン酸注入法」なる施術方法に目を向ける人が増加しています。
頬や額に薬剤を注射して顔にできたシワやタルミなどを除去するだけでなく、鼻を高くしたりバストを豊かにするのも問題ありません。

美容整形として考えると、ヒアルロン酸の分子サイズが大きく体内で吸収することが難しい特質がメリットでもあるのです。なぜならば、対象になる部分に注入されたヒアルロン酸により作り出されるふくらみが、長い年月にわたって維持される方が好ましいからです。
ヒアルロン酸注入法については、よく「プチ整形」と言われているものです。
肌に傷が残る心配もなく、使う麻酔はクリーム麻酔で済ませることがほとんどなので、危険性はあまりありません。


10~20分と短い施術時間で終了し、大体の場合は通院しなくても良いようです。

ヒアルロン酸注入で支払う料金は、注入したい部位やヒアルロン酸の量や種類で違います。
料金の一例を挙げると、1本につき5万円~10万円や、0.5ミリリットル1万円という具合に決められています。


目元のたるみが10~20万円、口元のしわが3~10万円、豊胸は70~120万円、頬は8~15万円というような一例も参考になります。


ヒアルロン酸注入での美容整形については、施術後もずっと効果をキープするのは不可能です。
残存期間の長いヒアルロン酸も開発されていますが、ヒアルロン酸は注入すると数ヶ月から1年くらいで吸収と消耗が進みます。


そのため、美しい状態を維持するには、一定期間ごとにヒアルロン酸注入を続けることが大切です。


最近は、残存期間のより長いヒアルロン酸の開発も行われています。


美容整形に臨むのであれば、不明点や心配なことがあれば施術前のカウンセリングを受けて解決することが望ましいでしょう。

顔の衰え

| コメント(0) | トラックバック(0)

顔の衰えというのは、20代の頃から始まっていると言われています。それで、目元に出てくるたるみも早いうちから目元のスキンケアを行なうことが重要なポイントです。


目元部分にたるみができてしまうと、なかなか改善しませんから、できるだけ早いうちにたるみを防ぐ措置を取りましょう。


目元のたるみを予防する為には、マッサージを取り入れたり、保湿を心掛ける必要があります。
それほど時間をかけてマッサージを行うことは必須とされていませんし、毎日一分ほどのマッサージで良いのです。


怠ることなく継続するのがキーポイントです。中指・人差し指の腹部分を上手に使って、目尻から目頭のほうに動かします。


守らなければいけないのは、必ず目尻から始めるようにし、反対に向かって動かしてしまうと肌に逆効果になってしまいます。老廃物を取り除くことを意識しながら、指の動きが正しいか気を配りながらマッサージを試みます。

力の入れ過ぎは厳禁ですから、撫でるようにマッサージをしていきましょう。
目元のまわりの皮膚は他の皮膚より薄くできているので、大切なのは丁寧にマッサージすることです。目元マッサージが済んだら、保湿力に期待が持てるケア用品を使用することで、ハリと潤いのある肌を手に入れましょう。

セラミドやコラーゲンといった成分が合成されている化粧品なども商品として登場していますので、こうしたものを取り入れてみるのも悪くありません。


これら以外にも、食事や眠りに気を付けることも、とても大切なことです。
目元のたるみを予防するためには、毎日のこまめなケアと乱れた生活習慣にならないようにすることが、前提になります。10年後に後悔して目元部分のたるみが目立って困るということを避けるために、未然に防いでいくことが大切なのです。

元々の分子サイズが大きいの特徴のヒアルロン酸は、手を着けていない状態では肌から細部にまで浸透させるのは難しいでしょう。


ですから長い期間、化粧品をつけることでヒアルロン酸を取り込むことは望めないとされていました。


それが今では研究が進んだことで、分子サイズの小さい「低分子ヒアルロン酸」ができました。
ヒアルロン酸を用いた化粧品を選ぶときには、記載された成分を確認して、分子サイズとどの程度配合されているかを確かめなければいけません。

商品のパッケージだけを見るのではなくアイテムを販売している会社のホームページを確認すると、細かい情報も得ることができるでしょう。
実店舗で試供品を実際に使うときは、ヒアルロン酸特有の粘りに着目して確かめるのがポイントです。


ヒアルロン酸以外の混合物によってゼリー状にしている種類もありますので、しっかり確認するようにしましょう。ヒアルロン酸をかなりたくさん含んでいる商品もあり、ヒアルロン酸100%原液といった商品もあります。


化粧品に配合される低分子ヒアルロン酸の分子サイズは、6000~8000ダルトン(20~25ナノ)という数字+単位であらわされます。100万分の1ミリメートルが1ナノメートル、ダルトンは分子をあらわす単位として扱われています。


さらに、肌の表面に存在するヒアルロン酸は毎日50%程度が消耗していき、2~3日かけて全てが入れ替えることが知られています。


ですから、ヒアルロン酸が含まれるアイテムを使うときはまとめてではなく、少しずつでも毎日きちんと継続することが大切です。


それと、ヒアルロン酸が表皮に残るようにして水分を蓄積させるには、コラーゲンやビタミンCの力が必要です。コラーゲンやビタミンC誘導体についてもヒアルロン酸が豊富に含まれる化粧品なら、相互に効果を高め合えることでしょう。

ヒアルロン酸

| コメント(0) | トラックバック(0)

たるみのある目元にコンプレックスを感じている方は、大勢おられるのではないでしょうか。
近ごろ注目を集めているヒアルロン酸という成分ですが、たるんでしまった目元を解消させる働きもあるのです。


ヒアルロン酸を目元のたるんでいる部分に注射することで、たるみのない美しい目元へ変化させることができます。美容を専門に扱うクリニックでは、たるみの見られる目元を解消する時に、切開によるたるみ解消処置を施すこともありますが、ヒアルロン酸を注入する際にはメスで切開したりはしません。


結果が1回の注入で分かることから、解消法の中では大人気の方法のようです。
ヒアルロン酸の水分保持能力には定評がありますので、この施術方法を利用することで、きちんと肌の水分を維持することができるのです。


ただ注意しなければならいのは、ヒアルロン酸は長くても1年ほどしか持たないということです。
この期間を過ぎてしまうと、再びヒアルロン酸を注入する必要があるのです。

ヒアルロン酸を目元のたるみに注入するのに躊躇いを感じる方は、錠剤などになっているサプリメントを飲むことでも摂取可能です。


サプリメントによる摂取方法に関しては、たるみの解消効果をすぐ感じることができるわけではありませんが、欠かさずに摂取していれば問題ありません。また、ヒアルロン酸が含まれたケア用品も、続々と登場しています。


目元部分のたるみに困ってしまっているということであれば、ヒアルロン酸を摂ることを前向きに検討しましょう。

目元部分のたるみを取り除くだけで、見た目の印象がマイナス5歳ほど違って見えるそうです。
アンチエイジングには、目元のたるみ除去を目指すのが、最も良い方法と言えます。
ヒアルロン酸を摂る方法も実に様々な種類がありますから、自分にとって気軽に摂取できる方法はどれかを探して、積極的に摂り込みましょう。

保水効果

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒアルロン酸というものは、高い保水効果があることで有名になりました。そして最近の美容分野では、ヒアルロン酸の色々な優れた働きが高い評価を得ています。


健康で美しい肌は、ヒアルロン酸が必ず含まれていると言っても構いません。高い保水能力を誇るヒアルロン酸には、細胞の働きを促す効果もあります。そのため、しつこいくすみが見られる肌からメラニン色素や溜まっている角質を除去する作用があります。

肌をきれいにするヒアルロン酸には、栄養を肌の細部にまで流し込む能力があります。
そういうことで、血流が停滞していて赤みのない肌にもしっかり作用して、健康的な赤みのある頬に変化させてくれます。そして、吹き出物やニキビ跡のための治療にもヒアルロン酸の力を活かすなど、皮膚科の治療においても利用されています。


さらに、美容整形としてはヒアルロン酸注入と呼ばれる手術が普及しています。
人工ヒアルロン酸も自然のものから作られたヒアルロン酸も、体の拒絶反応やアレルギー反応が少ないという実績がある成分です。


ということは、ヒアルロン酸は、身体の中からも外からも、支障なく取り込むことができます。
ヒアルロン酸をきちんと摂るには、化粧品によって肌から取り込むのと、美容ドリンクやサプリメントを使って体内から取り入れることを同時に実践するといいでしょう。
美肌効果が期待できるビタミンB群・C・Eやミネラル、アミノ酸なども、同時にヒアルロン酸を摂取することで効率よく作用するようになります。

美容に欠かせない成分の働きを高めることで、活性酸素の働きが弱まり、老化につながる細胞の酸化を防止することも可能です。


ヒアルロン酸効果で肌にハリが出て潤いも戻ってくれば、加齢によるシワやたるみも改善されます。

たるみの原因は・

| コメント(0) | トラックバック(0)

加齢に伴って気になる目元のたるみですが、なぜたるみが表れてしまうのでしょうか。


ハリのないたるんだ目元は、それなりの年齢になったからだと思っている方が多いようなのですが、原因はこのことに限らないのです。


目元まわりがたるむ一番の要因は、衰えてしまった表情筋や乾燥です。目元は実のところ、1分で大体30回程度のまばたきをする箇所なのです。
顔の中でも特に筋肉を使っているのが目元部分ですから、いつもお肌のケアと筋肉を鍛えておかないと、たるんだ状態になってきてしまうという仕組みです。


反対にまばたきをせずに目元部分の筋肉を動かさないことによっても、筋肉は弱くなっていきますので、そのせいでたるみがあらわれるのです。

また、目の疾患のドライアイを、聞いたことがあるでしょうか。

ドライアイの症状とは、パソコンやテレビを長い時間注視していることによって目が乾いてしまうのです。

眼球に乾燥が見られると、まばたきを行う回数が落ちていってしまいます。
まばたきをする回数がドライアイのせいで正常時より減ってしまうと、目元にあらわれるたるみの元になってしまうと言われています。

また、女性に関しては日々施すメイクが元になっていると言われています。


とりわけ、油分が多く含まれている化粧品を日常的に使っていると、目元部分のたるみの一因になってしまうようです。


油分の割合が高いものというのは「イソパラフィン」という成分が使用されていることが少なくありませんが、これは皮膚にとってあまり良いものではありません。

この成分は重い化合物のため、ハリのないたるんだ目元の原因となっています。目元にたるみがあると、実年齢よりも10歳前後老けた印象を与えてしまうようです。
こうしたトラブルに遭わないように、毎日行なう目元のケアが若々しい目元でいるためには欠かせません。


目元にたるみが見られる場合は、いかにしてあらわれるのかを探ったあとで、解消するための適切な対処法を行ないましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸に関しては、アンチエイジング効果や美肌効果があるとして取り上げられる時はいつも一緒です。

そのせいもあって、同じ物質の種類の名前だと思い違いをしている人もいることでしょう。


それを正すために、ヒアルロン酸とコラーゲンについて、再び思い返してみましょう。

ヒアルロン酸といえばアミノ酸で有名なムコ多糖の中の一つです。
コラーゲンという物質は毛髪や皮膚、骨や腱(けん)などを構成するタンパク質のひとつです。
ヒアルロン酸はムコ多糖類なのでそれだけでは身体の内側に存在することができず、タンパク質の一つであるコラーゲンは保水力がありません。ですから、ムコ多糖とタンパク質はつながって細胞と細胞の間に存在しています。

ヒアルロン酸の特別な性質といえば、多量の水分を保持することができる点です。


人体の構成成分の約60~70%が水分ですが、血液以外のほとんどはヒアルロン酸などのムコ多糖に依存されています。続いて、コラーゲンが持つ機能は皮膚に注目して把握するのが一番です。
真皮という皮膚の表面下にある層は、水分を除いて残った分の7割程度がコラーゲンで構成されています。

コラーゲンとは弾力の強い繊維のような物質で細胞と細胞が離れないようにしています。
その上、繊維の形状をしたコラーゲンの間にもヒアルロン酸が侵入し、水分をキープしているのです。


必要なヒアルロン酸を食事だけで取り入れるのは大変ですが、コラーゲンの方は鶏肉であれば手羽先、さらに牛すじやシラスなどにたくさん入っています。
その他に、高級食材として知られるツバメの巣やフカヒレもコラーゲンを豊富に含む食べ物として知られています。加齢の影響で少なくなるコラーゲンやヒアルロン酸を補っていくのが、老化を防ぐためにはとても大切なことです。

目元と美容機器

| コメント(0) | トラックバック(0)

近ごろは、たくさんの種類の美容器具が商品として売られており、高い人気を誇っているようですが、たるんだ目元を改善できる専用機器も例外ではありません。付属の専用パッドを目の下まぶたに貼り、この部分に微弱電流を通すことで状態を良くしていこうという美容機器が販売されています。


微弱電流がちょうど良い具合に流れると、血液やリンパの状態を良くして、たるみを解消するという効果があります。


留意点として、ペースメーカーを装着していたり、妊婦さんにとっては体に悪影響を及ぼす可能性があります。


それから、頻繁に見られる美容機器としては、ローラー式の種類が取り扱われています。ローラー式の美容機器は、女性誌の付録としても売られており、完売することも多い人気商品のようです。


微弱電流は流さないので、妊婦やペースメーカーを使用している方も手軽に使える安全な美容器具となっています。


これは目元専用のものではないのですが、たるんでしまった目元の回復効果は見られるのだそうです。この商品はヘッド部分を転がす方法で、新陳代謝や血液の流れが改善すると言われています。
中には、ゲルマニウムを使ったローラー美顔器もあるので、効率良くマッサージができると好評を得ています。


この他に、たるみの解消を空気加圧で行なう美顔器や、目元を温めることでケアが行える美容機器などがあります。目元まわりのたるみは、たるみ解消マッサージなども十分良くすることは可能なのですが、より美肌効果を得るために美顔ローラーなどもぜひ取り入れてみましょう。


自分に向いていない要素がない方法が、最も効果的な方法と言えるでしょう。
自分に適したものを効果的に使って、ハリのある目元を取り戻しましょう。

目元のお手入れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

鏡を見るたびに、たるんだ目元が目立つようになってきたという人は増えていることでしょう。
目元の皮膚に関して、違う部分の皮膚とは対照的にもろいため、毎日のお手入れを正しい方法で行なう必要があります。

目元のたるみ除去に役立てるために、実に様々な化粧品が販売されています。目元引き締め効果があるフェイスローションを購入する前に、マスカラやアイシャドーなどのアイメイクもきちんと落とせるメイク落とし専用の化粧品について検討してみましょう。

薄化粧タイプかどうかに関係なく、寝る前に落とし切らないといけません。
オイルタイプのクレンジング剤であれば、強くこすらなくてもしっかりメイクが落ちるので、肌への負担が少ないかもしれません。
また、クレンジングが済んだあとには、保湿成分が配合されたクリームや美容液を、目元に塗るようにしましょう。


クレンジングと肌の潤いを保つことを怠らないよう気を配るだけでも、今までの目元に比べ活き活きとした感じになるでしょう。目元付近の皮膚の持ち上げ効果が期待できるアイクリームであったり、ヒアルロン酸といった肌の栄養を補ってくれる美容商品もあります。
目元のたるみを解消して、肌に潤いを与える効果のある美容液シートもよく見かけるようになりましたから、1週間のうち1度くらいは使ってみてはどうでしょうか。


目元に使用する美容液・アイクリームなどは、基礎化粧品と比べると高い価格ですから、肌トラブルを引き起こさないためにも、初めはサンプル品で効果を試してみましょう。


自分の肌にきちんと合っているかどうかを、使ってみることで判断するのです。

自分の肌にも高い保湿効果が期待できると分かってから、その化粧品で目元の手入れを行なっていきましょう。

ちなみに、目元のたるみを取り除くためには、美容液やアイクリームを使用する時に、目元のマッサージを欠かさず行なうと良いようです。
マッサージを行うことで美容液やアイクリームの効果が高まるとされていますので、目元に見られるたるみはなくなっていくことでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12