表情筋について

| コメント(0) | トラックバック(0)

目元部分に出てしまうたるみは、お手入れを欠かさず行なっていても、加齢によって発生してしまうのです。

ただ、手軽に実践できるケアを継続すれば、目元のたるみを事前に防ぐことも不可能ではありません。

年齢と共に目元に表れるたるみは、一見たるみとは無縁と思われる、若い時からのしっかりとした目元の手入れが大きく関係するので、可能な限り若い頃からケアを続けることが重要です。
目元のたるみには、目元専用の美容クリームなどでお手入れを続けていくようにしましょう。
そして、このことの他に、普段あまり使わない目元部分の筋肉を使うことで鍛えるよう意識しましょう。あまり耳慣れませんが、顔の筋肉の中に「表情筋」という豊かな表情をあらわせる筋肉がついています。


日常生活では実際のところ、30%ほどの筋肉しか活かすことができていないのです。その他の筋肉については、動かしていないため、衰退していってしまうのです。

目元の筋肉も使われていない筋肉の中の一つですから、日頃から鍛えなければいけないのです。
普段使わない表情筋を強くする訓練は、たくさんありますが、一番手軽に実践できるものとして、「笑う」ということがあります。


積極的に笑顔になることで、使われていない部分の表情筋に働きかけるのです。さらに「眼輪筋」という部分も鍛えると、たるんだ目元を改善させることができるでしょう。
目を閉じたまま、眉を上にあげた状態を何秒か保ち、少しずつ下げていく動きを繰り返し行います。

目元まわりのたるみというのは気づいたらすぐに手を打たないと、徐々にたるみが悪化するようです。決して無理をしなくても良いですが、続けて目元のお手入れをしていくことが引き締まった目元を維持するポイントでしょう。目元のたるみを取り除くことによって、若々しい印象を保つ秘訣になると言えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2012年3月31日 21:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目元のマッサージ」です。

次のブログ記事は「目元のお手入れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12