ヒアルロン酸の種類

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒアルロン酸の種類は、人工のものと天然のものという2つの種類に区別されます。それ以外にも、天然のものなら使っている原料や、含有量のパーセンテージで区別をします。
日本の健康食品に使用される天然ヒアルロン酸のほとんどは、「鶏冠抽出物」という、いわゆる鶏のトサカから取り出して濃縮した成分です。


約50%がコラーゲンでできている鶏冠抽出物は、タンパク質と結びつくことで構成された「ムコ多糖タンパク」です。
人工のものについては、海外製か国内で作られたものかで、どのくらいの大きさの分子か、どのくらいの純度なのか、どのようにして作るかなどで色々な種類に分かれます。
トサカに含まれる天然ヒアルロン酸の含有率を平均すると、およそ5~7%であるとのことです。


天然タイプのヒアルロン酸を豊富に含む食材としては、鶏の手羽や魚類の目玉、フカヒレなどが広く認知されています。


いずれも日常の食事ではあまり食べない食材ですね。


さらに、天然ヒアルロン酸は40℃程度の加熱調理で壊れてしまうため、食事から摂るのは無理でしょう。
人工のヒアルロン酸は、ほとんどが乳酸菌や微生物のストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)の作用を利用したバイオ製法によって生み出されます。
ヒアルロン酸については分子の大きさがあるため、手を加えなければ肌からの吸収・浸透は非常に困難です。


したがって化粧品に使うためのヒアルロン酸は、分子を細かくするのが課題と言えるでしょう。
なお美容整形では、体内への浸透性が低いことを生かして、注入することでヒアルロン酸の効果を得ています。サプリメントや健康食品によってヒアルロン酸を取り込むにあたっては、製法や含有量とともに安全性についても確認しましょう。


スキンケアで使う場合は、分子サイズやヒアルロン酸の含有量の割合を見て、より浸透しやすい商品を選ぶとよいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2012年3月16日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒアルロン酸とは」です。

次のブログ記事は「ヒアルロン酸の特性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12