ヒアルロン酸とは

| コメント(0) | トラックバック(0)

美への興味が強い人の中では肌の衰えを抑制することができる、ヒアルロン酸に関してしっかりと理解しましょう。

若さと美しさのもとであるヒアルロン酸は、米国コロンビア大学主導の研究によって1934年に解明されました。


多糖体の国際命名法を基準として1986年につけられた名前は「Hyaluronan(ヒアルロナン)」と記録されています。
ヒアルロン酸の働きで、細胞間の組織、それに加えて繊維組織と細胞の間に含まれて水分を補充します。ヒアルロン酸の働きでキープできる水分は非常に多く、ヒアルロン酸1:水分6000という割合で保持することができるとされています。
保水能力が高いヒアルロン酸は、細胞の結合を促して細胞が傷つかないようにする働きがあります。

ヒアルロン酸は、人の体内に常に含まれている、アミノ酸の1種類なのです。関節にも影響を与え動きをスムーズにする効果を発揮します。


さらに、血液中にある栄養分を様々な細胞に行き渡らせます。
このようにして、体中でヒアルロン酸が重要な働きをしていますが、体内に保持していても加齢によって減っていきます。


身体の中に最も多く持っているのは胎児として過ごしている時です。
出産後に減少の一途を辿り、20歳を迎える頃には赤ちゃんの頃の約30%に、そして50歳頃には約1割になってしまいます。

徐々に減っていくヒアルロン酸は補給できるとよいのですが、それは非常に困難を伴います。
ヒアルロン酸の分子サイズは大きめなので、皮膚の上から吸収させるのはとても難しいと言えるでしょう。
それに、よくある食材で含んでいるものがないため、体内からの摂取も難しいでしょう。
そこで、体内で作りだす量を増やすための研究や、より小さな分子での生成方法の開発などが継続しているのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://medijob.info/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

このブログ記事について

このページは、tuki1000000が2012年3月15日 22:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たるみ解消エクササイズ」です。

次のブログ記事は「ヒアルロン酸の種類」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12